初海外カンボジアからの帰国

初海外カンボジアからの帰国後、僕はどこか心にモヤモヤが残ったまま。

このモヤモヤを解決する方法は分かっていた。

 

 

 

 

「日本を知りたい」

 

 

(心の声)看護師なるなら先にもっと人知りたいよね!

そして出会った人としっかり話せる空間がいいんだよな。

 

 

 

 

 

 

「あ!ヒッチハイクやろう!」

 

 

単純な僕は

週末限定で、

その週からヒッチハイクを始める事にした。

 

 

 

 

 

 

 

素敵な出逢いを沢山もたらしてくれたヒッチハイク。

 

 

 

 

 

だけれど

ヒッチハイクを初めて2ヶ月目に入った頃から、何か違和感を感じる事があった。

 

 

 

 

 

「与えてもらってばかりだ」

 

という事。

お金も払わなければ、労力を費やしてもらってるなという自分がいた。

 

 

 

 

それに対して僕が何かその方に対して

 

 

恩返しできているのか?

 

 

 

 

ある時僕は乗せて頂いた方

思いの丈をありのまま伝えた。

 

というより自分の恩返しできているのか?

という疑問がその言葉を溢れ出させた。

 

 

 

 

 

香川県の街並み

その方の横顔、後ろに流れ行く景色

車内の僕が何かを醸し出そうとしている雰囲気

そして、心の中のドキドキが僕を張り詰める。

 

 

 

 

 

「あの、僕乗せて頂いた方に対して、何ができてるという事もないと思うのですが、次は僕が出来る事があれば何でもします。

“恩返し”させてください。」

 

 

『いやいや、恩返ししてもらおうと乗せたわけじゃないんだよ。私じゃなくて次の方に“恩送り”してもらえばいいんだよ。』

 

 

 

 

 

さっきまで僕の張り詰めていたものが全て

あったかい温度で融解されていった。

なんてこの世界は素敵なんだ。

この方は素敵なんだ。

 

 

 

 

 

さっきまで流れ行くように過ぎていった、

景色がポカポカして感じる。

 

 

「はい!僕‘恩送り‘します!」

 

 

 

 

 

嬉しくなって答えた。

 

 

 

 

 

この一言から

僕の想いトラベラーの活動が始まる。

 

 

 

 

to be continue…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です