想いトラベラー《衝撃》

 

毎日のように路上に出る中で、

万羽鶴を集められないかもしれないという

少しの切迫間に駆り立てられていた。

 

 

 

 

単純計算1人1330羽/月

6人のメンバーの中には社会人の方もいたので

学生の僕が最低2000羽集める事が好ましかった。

 

 

 

 

週2回のバイトの日を除いて

⬇️

週5回路上活動をしたとして

⬇️

毎週500羽。

⬇️

1日100羽。

 

 

 

 

なんとも難しい。

このとき少し現実の壁にぶつかっていた。

 

 

 

 

折って下さる方にはすっごく感謝

現実休日は100羽いっても、平日に100羽はなかなか難しい。

 

 

 

 

う〜〜ん。

唸っていた僕の心境とは裏腹に、視界の外から軽やかな声が聞こえた。

 

 

「何してるんですか〜?」

 

 

 

 

 

声の方へと視線を向けると、

 

1人の女の子が立っていた。

 

 

その子の隣には使い古されたロードバイク。

 

 

なんとも不釣り合いな情景

 

 

 

 

 

 

 

『今ね、東北の女の子の為に色んな方から鶴を折ってもらってるんだ。それを全国6人でヒッチハイクリレーして届けるの』

 

 

「えー!素敵ですね!私も折ります。」

 

 

実に軽やかなテンポの返事だった。

 

 

 

 

 

 

話をしていると実に面白かった。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【人物紹介】

 

 

 

・黒雲母好き、みゆうちゃん当時18歳。

 

・趣味、地球を遊ぶ事。ハンマーで石を採掘するのが好きだそうだ。

 

・大学1回生夏に東日本をロードバイクで回る。

 

・路上活動で習字を書きながら、生活費の一部にして旅していた。

 

・この時冬には西日本を回ると言っていた。

(現在は日本一周終了)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

一言、濃い!!!

 

 

年下の子でここまでの衝撃を受け取ったのは初めてだった。

 

 

 

 

「私、この路上をみんなの居場所にしたいんです」

 

 

『そうだよねー』

 

 

『???』

 

共感したつもりが話についていけなかった。

 

 

 

 

 

 

 

『よし!ここの路上をみんなの居場所にしよう!』

(とりあえず面白そうな事には乗っかっちゃうタイプ)

 

 

「わーい!明日友達も呼んできますね!では!」

 

 

 

嵐のように過ぎ去っていった。

なんとも清々しくハテナ?だけが残る出会いだった。

今後の路上の空間を演出するキーパーソンの1人になるとはこの時はまだ知らず、、、

 

 

to be continue…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です