カンボジア

これは世界一周する”たっくん”による旅ブログである。

18.9.2016日本を出発。

1ヶ月カンボジアで好きな人たちに愛情を注ぐ物語。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

世界一周102日目🇰🇭
Meeting evryone makes me big happy!!
カンボジア生活(終)

 

 

 

 

 
今回は

“大好きな人たちへ120%愛情を注ごう”とカンボジアへ来た。
・FLYHIGH 石原舞さんのお手伝い

・ピアンクメールゲストハウスのお手伝い

・毎朝ストリートの掃除

・サムロス家族との出会い

 

 

 

 

 

 
これらが僕の旅をより一層濃いものにしてくれた
ピアンクメールゲストハウスの管理人サムロスと出会いは

沢山の事を僕に教えてくれた。

“家族への愛”

“カンボジア人の誇り”

“幸せのあり方”

“誰かを本気で信じる事”

 

 

 

 

 

 
毎朝8時過ぎにピックアップに来てくれて『タクマいくよ』

ストリート掃除から始まり、夕方まで一緒に過ごす日々。

 

 

 

 

 

  

彼はカンボジア人であり

2人の子供の父であり

ゲストハウスの管理人であり

FFFの高橋さんと毎朝ストリートの掃除をして

9ヶ月目である

 

 

 

 

 

 

彼は僕に1人の人間としての“本気の心”を伝えてくれた
『タクマ僕は君が来てくれて凄く嬉しい』

 

 

 

 

 

 

『一緒にご飯食べよう』

それがおっきな幸せなんだと。

毎回ご飯を楽しそうに買って来てくれる

 

 

 

 

 

 
大好きな人に与えるつもりが

沢山の事を受け取ったカンボジアでの日々。

 

 

 

 

 

 
そして、どうしても最後に大好きな仲間や

サムロスの家族を招待してプレアビヒアで新年の朝日を見たかった。
僕らが企画したツアーへ急遽招待し、大好きな友達6人とサムロス家族とみた。

Processed with MOLDIV

 

 

 

 

 

 

“星の夜空から

次第に色のグラデーションが増えてゆく”

プレアビヒアの朝日は特別な年明けになった。
“風が吹く

風に揺られる花は

一本のしっかりした茎により

折れる事なくたくましく花を咲かすだろう”
茎の部分に大切な事を気付かせてくれた

大好きな人たちへありがとう。

Processed with MOLDIV

 
彼らは今日も

朝のゴミ拾いから1日を始めてるだろう。

 

to be continue…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です