フィリピン発祥🌴恋するスイーツ?26.9.2016

これは世界一周する”たっくん”による旅の記録の為のブログである。
18.9.2016日本を出発🌏

まずはフィリピンのダバオにある

『HOUSE OF JOY』という孤児院で

3ヶ月働く物語。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
26.9.2016

ダバオ8日目🇵🇭

 

 

 

 

 

北緯7度に位置する

フィリピンのミンダナオ島

 

天気は今日も最高である。

 

こんな素敵な南国の島🌴

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこんな南国の島に

日本でも食べられている​

甘いスイーツ​があると聞きつけ食べに行きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​​​先にスイーツ​​好き!甘党!

という方は🇵🇭へ来ることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンの面白いおやつ文化

​フィリピン人は

朝、昼、晩、その他に“4時ごろのおやつ”というものが存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

4時ごろのおやつはみんな毎日のように食べるんですね。

※夕食直前でも食べてます。

おやつにハンバーガーを食べるのは不思議ですが

(夕方4時の図)

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、比較的にフィリピンにはおやつになる

食べ物が充実しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそのフィリピンのおやつから”​1つ

日本でも食べられているフィリピン発祥のスイーツを紹介します( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

スイーツ好き必見!???

【フィリピン発祥スイーツ】

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンの代表的なスイーツであり

僕も大好きになったスイーツ

 

それは!!!

 

 

 

 

 

 

 

『​ハロハロ』

 

 

 

僕と「ハロハロ」ちゃんとの

出会いはフィリピンでした♡

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にもありますが

日本では食べたことすらなかった「ハロハロ」

 

 

 

 

 

 

 

僕はこの「ハロハロ」ちゃんにフィリピンで

一目惚れしてしまいました♡

 

 

 

 

 

 

【どれだけ存在を忘れていたか】

 

分かりやすく例えるならば、

「手に握った消しゴムを忘れ、消しゴムどこや〜と探す時ぐらい存在を忘れていました。」

よく伝わらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して!

これから

『ハロハロ』ちゃんの紹介をしていきます。  

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハロハロ」はもともとフィリピンのスイーツ

だったんですね。

「ハロハロ」を参考にしたものが日本のコンビニに取り入れられました。

 

 

 

 

 

 

そして、

「ハロハロ」という言葉はタガログ語で

「まぜこぜ」という意味があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

『まぜこぜ』ちゃんという名は哀愁漂うので

『ハロハロ』ちゃんでいきます→

 

 

 

 

 

 

 

『ハロハロ』ちゃん♡

推定:約70歳

フィリピン独立時にあったと思われる。

参照:フィリピン近所のおばちゃん口コミより

 

 

 

 

 

 

 

『ハロハロ』ちゃんの身体の仕組み

主にかき氷とアイスクリームから成り立つ。

 

 

 

 

 

 

 

プラスα装備として

ナタデココ、バナナ、豆、芋。

最後にお清めの砂糖が決めてである。

 

 

 

 

 

 

 

『色んなトッピングの上にさらに

お砂糖をかけるのがフィリピン流みたいです。』

 

 

 

 

 

 

 

 

お店によって味やトッピングが変わるのが、

やめられない

 

だから、違う店の「ハロハロ」

すぐ浮気してしまいますw

 

 

 

最近出会った

田舎の『ハロハロ』ちゃんシリーズ

 

2つ紹介します。

 

 

 
 

 

素敵なお姉さんが迎えてくれるお店。

お姉さん:「ウベ(紫芋のアイス)が乗っているのがうちのうりね。」

 

 

 

 

お姉さんのおっしゃる通り!

紫芋のアイスがいい感じに溶け

それとかき氷、バナナ、豆、タピオカが絡み合う

 

 

 

最高に美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次はアットホームな路上販売の

「ハロハロ」専門店。

 

 

 

時々可愛い子供が迎えてくれる時もあります。

 

 

 

そしてちょっぴりシャイなお兄さんが店主。

お兄さん:「Simple is the bestさ!」

 

 

 

 

 

お兄さんのおっしゃる通り!!

かき氷の味を邪魔するものがない。

これが『ハロハロ』ちゃんそのものの味という感じだった。

 

 

 

 

 

 

これから3ヶ月間

推定約70歳『ハロハロ』ちゃんとの

Love storyが始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はツッコミどころ満載の

真面目に不真面目な記事を書きました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

是非フィリピンにきて

『ハロハロ』食べてみて下さい☺️

 

to be continue…

ps.

“たっくん”が働く孤児院http://hoj.jp/

遊びに来てみてはいかがでしょう( ´ ▽ ` )ノ