出稼ぎ生活START 悲劇の3万円

【ホームレス👉東京での出稼ぎ生活】

 

 

 

 

   世界一周の資金を貯める!!!

 

 

 

 

 

 

 
愛媛の家を手放し

勢いだけで飛び出した僕

全財産はバックと原付だった。

 

 

 

 
原付で移動する最中

愛媛での2年の思い出が回想する。

 

 

 

 

 
思い出を噛み締めると、自然と涙が出てくる

そして涙は風の勢いとともに

僕の後ろへと流れ去っていく。

涙を流しながらも、

僕の心は未来の希望に溢れていた。

そして希望に満ちる歌を1人で歌いながら

原付での旅路を進めた。
なんとも不思議な感情に包まれたスタートとなった。

 

 

 

 

 

 
『出稼ぎ第1弾』

僕漁師に弟子入りする!!

 

 

 

理由は単純だった。

以前ヒッチハイクでお世話になった方の人柄に魅了されたからだ。

そしてその方が漁師さんだった。以上である。

 

 

 

 

 

 

 

僕は漁師さんを探しに愛媛から原付で明石港を訪れた。
そして約1週間

野宿や友達の家を行き来しながら

ヒッチハイクでお世話になった漁師さんに感謝と

『弟子入りさせて下さい』

とその言葉だけを伝えにいった。

 

 

 

 

 

 
連絡先もフルネームも分からない
ただ一つだけ

明石港という情報だけを握りしめ

ひたすら探した。

 

 

 

 

 

 

まだ日が昇らない時間に起き

港を訪れ、尋ねまわる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして船がかえってくるまで原付で周辺を探す。

 

 

 

 

 
だが

会うことは出来なかった。。

 

 

 

 

 

 

 
  途方に暮れているとき

ふと思い出したのが

カンボジアで出逢った近まっちゃんの一言

 

 

 

 

 

 

『いつでも東京の家に来ていいからね!』
この言葉を思い出し

速攻近まっちゃんに連絡を入れた。
『東京行こうと思ってる。家に泊めて欲しい。。』

 

 

 

 

 

 

 

 
この連絡が僕の東京での生活の始まりとなった。

 

 

 

 

 

 
〜出稼ぎ生活〜

そうだ!マッサージで技を身につけよう!
そしたら海外でもできるじゃん!

 

 

 

 

 

 
 そしてマッサージのアルバイトを始め

ほぼ毎日ひたすらマッサージに時間を割いた

 

 

 

 

 
12時間指圧を繰り返す。指がちぎれそう。

指が限界に達し、指に湿布を貼って寝る日々。

 

 

 

 

 

 
1ヶ月経ってきづいたことは、お金がたまらない事実
  1ヶ月で3万だった。時給100円〜200円
  これじゃ世界行けない!!

 
  to be continue…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です