インドと言ったら「寝台列車」

これは世界一周する”たっくん”による旅ブログである。
18.9.2016日本を出発。
1ヶ月インドで洗礼を受ける物語。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界一周115日目
インド編🇮🇳 

 

 

 

 

今日は10キロほど歩いて

インド名物「寝台電車」に乗る。

 

 

 

 

 

 

 

線路を歩いて、10キロの道を進む最中、

線路の民と仲良くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らはあそこの小屋の中に居ながら、仕事をしているみたいだ。
  

彼らの給料は月に2000〜3000ルピー。

約5000円ほど。

 

改めて日本恵まれているなと実感な出来事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな出会いもありながら、

寝台電車の時間だ!!

 

 

 

 

 

 

 

僕は、寝台電車は大好きだ。

時々インド人と話しながら

イツノマニカ寝むりに落ちる。

 

起きては読書し、音楽を聴き

旅の道のりに耽る。

そしてふと旅の本質を考える。

「あゝ幸せだ。」

 

 

 

 

 

 

そんな寝台列車でのびっくりした出来事を記事にします。

 

〜寝台列車びっくりエピソード編〜

 

☆電車が遅れるのは当たり前。

 

☆電車到着直前に乗り場が急に変更になる。

 

☆寝台列車は2段におり、上の段に乗っている時のこと。

明らかに穴が開いており、足がその穴から突き通せるサイズ。

 

☆夜中インド人の「ちょっとそこ座らせて」で何回も起こされる。

 

☆なぜか僕の席が無くなる。

 

(こんなのは序の口)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《最大のびっくりエピソード》

 

それは

14時間の寝台列車の移動で起こった。

 

 

 

 

 

 

 

 

P.M.7 .00

 

列車に乗り込む。

ひと通りインド人との会話を楽しんだ僕は

眠りにつこうとしていた。

 

 

 

 

 

 

そして

事態は起きた。

 

 

 

 

 

 

 

P.M.11.00

 

添乗員が僕のもとへやってきた。

 

 

『チケット見せて。』

 

「これだよー。」

 

『500ルピア払え』

 

「…..」

 

 

会話の流れが分かりません。

言葉が通じてるのか通じてないのかすら分からない。

 

 

 

 

 

 

「え、なんで?」

 

と問いただすと

 

『後で取りに来るから準備しなよ』

 

 

と言い、過ぎ去って行った。

 

 

 

 

 

 

この状況に対し

近くにいたインド人曰く

 

 

「彼に払う必要はないよ。

払っても、彼はあと数駅で降りるから

また違う添乗員にお金取られるだけだよ」

 

 

(そういう事が当たり前なのね)

 

 

 

 

 

 

 

そして添乗員さんが戻ってきた。

 

 

『はい、500ルピア出して。』

 

「え、なんでなのか教えてよ」

 

『ちょっと来い』

『お金払わないなら、Youは1番奥の車両に行け』

 

 

「全然おっけいだよ。」

 

『ついて来い』

 

 

 

 

 

 

そして連れられた最後部の車両は列車番号もなき場所だった。

 今までの寝台列車の中で1番ボロボロ。

そして悪臭が漂う。

 

 

「え、みんなお金払ったの?」

 

 

と言いたくなるような風貌の人たちが乗っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 その人たちの視線がやけに異様な雰囲気に感じる。

 

車中でクスリ売りつけてる人もいれば

列車から足をはみ出して寝ている人も

トイレの前で寝ている人も

 

 

 

 

 

 

これを見た僕は、一言物申したい。

 

 

「これぞカオス」

 

 

 

 

 

 

 

「今回は運が悪かった」と思うしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

そんな彼らは、打ち解けると優しかった

気づけば一緒に音楽を聴き、

やたらジェスチャー多めで会話をしようとする。

 

 

「それはそれは楽しい時間だった。」

 

そして、見た目と雰囲気で判断した最初の自分を恥じた。

 

 

 

 

 

 

 

 しかし

一体この車両はなんだったのだろう。

微かな疑問だけが残った寝台列車の時間だった。

 

to be continue…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です